沖縄グルメ

沖縄の「チキンの丸焼き」を食す。《沖縄市チキンメダル》

2020年4月6日

れんこん

沖縄出身。6年の県外生活を経て再びうちなんちゅになる。

 

ある日、豆苗ちゃんとこんな会話をしたことがあります。

私、にんにく好きを語らせたら右に出る者はいないと思う。
豆苗

れんこん
え!?私だって誰よりもにんにく好きだと思うよ!

へえー。でも私の方が絶対好きー( ´ ▽ ` )
豆苗

れんこん
いや!私の方が絶対…!

普段あまり競い合わない平和な私たちに「どちらがにんにくが好きか論争」が巻き起こったことがあります。
そうです、私たちは本当ににんにくを愛してやまないのです。

そんな豆苗ちゃんが次に沖縄に来たら、絶対に食べさせようと思っているものがあります。
それは、チキンの丸焼き(鶏の丸焼き)です。

 

チキンの丸焼き(鶏の丸焼き)とは?

 

チキンの丸焼きとは、クリスマスの七面鳥が想像しやすいのですが、鶏をまるまる一羽オーブンで焼いたものです。
沖縄では県内でもさまざまなお店で販売されていて、クリスマスだけではなく年中食べられています。
味付けはお店によっても異なりますが、多くのお店が大量のにんにくとたっぷりのハーブを用いています。
チキンの丸焼き専門店に行けば、何羽かの鶏がオーブンでくるくると回っているのを見ることができます。

最近では浦添と宜野湾に店舗を構える「ブエノチキン」のチキンの丸焼きが、サラダチキンとなって全国のコンビニで販売されました。

ブエノチキン サラダチキン

販売初日、まだ県外に住んでいた私は、家の近くのコンビニを何件も回って入手したのを覚えています。

 

沖縄市登川「チキンメダル」のローストチキンに初挑戦!

 

ある日どうしてもチキンの丸焼きが食べたくなった私は、まず沖縄市泡瀬にある「チキンの丸焼き こっころこ」に行くことにしました。まだ「コッコロッコチキン」だったころからこちらのチキンの丸焼きにはお世話になっています。
しかし、こっころこに着くとそこには「完売」の文字がヽ(;▽;)残念…。

チキンの丸焼きが諦められなかったので、同じく沖縄市の登川にあるチキンメダルへ向かうことに。
電話で確認したところ、まだ少しだけなら残っているそうでした。

チキンメダル

中頭病院近く。かりゆし通り沿いにあります。

 

閉店時間ギリギリに着きましたが、まだ僅かながら在庫が残っていました。ギリギリセーフです。

チキンメダル

1羽1700円、ハーフ850円。定休日は水曜日。

 

今回は1羽を購入しました。

チキンメダル

見てください。この大量のにんにくの量。次の日が誰にも会わないという休日の前日にしか思い切り食べられないようなボリュームですね。
でもこれがにんにく好きにはたまらないのです(о´∀`о)

にんにくとハーブでしっかりと風味づけられローストされたチキン。
ここはハーブが比較的多めに入っているような気がします。
皮にしっかりと味付けが染み渡り、口の中で魅惑的なマリアージュが繰り広げられます。

今まで「チキンの丸焼き こっころこ」ばかりに行っていたけど、これを機に沖縄県内のチキンの丸焼きを巡ってみようかと思いました。

“沖縄の「チキンの丸焼き」を食す。”
ぜひシリーズ化していきましょう( ´ ▽ ` )

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

豆苗とれんこん

沖縄を愛するおんな二人組。カップルです。関東出身の豆苗ちゃん。沖縄生まれのれんこんちゃん。いつか沖縄の自然豊かな所に家を建ててのんびり楽しく暮らすのが目標。自然と酒が大好きです(^O^)

-沖縄グルメ

Copyright© つれづれなる儘に沖縄 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.